Happy Fancy Arts

高品質のイラストを¥1000から。一週間でお届け

やりたいことあるけど、忙しくてできない場合

リアルな生活との両立について考えてみます。

 

受験や仕事など、何かやらなければならないことがあり

「創作活動は一時棚上げ」という事態……

数日間のことならいいですが、数週間はやや危険

数カ月~1、2年単位になるとこれは

 

遠距離恋愛みたいなものです。

 

カメ飼ってたのを、飼いきれなくなって近所の池に放して、たまにエサやりに行く

みたいなものです。

 

うまくすれば、カメが1~2年後もそこにいてくれる可能性もあります。超ラッキー、希望的観測です。

でも行方不明になるかもしれない。

死んじゃうかもしれない。

生きてるけど野生になりすぎて、もう一度飼いたくなった時、二度と捕まえられないかもしれない。

 

カメにしてみれば「勝手なんだよおまえ」ってことです。

「あたしにも事情が」「親が」「会社が」って言われても「知るかーーーい!!」ってことです。

 

創作や表現は、カメです。生き物です。生ものです。

 

距離を置くことにはリスクがあり、代償を払うことになるかもしれません。

 

そのへんは、わからない人にはわからないので、

「いったん池に放して、ヒマな時だけ会いに行けばいい」

「今は別のことに専念して、またいつか余裕ができたとき飼えばいい」

みたいな感じの、殺生なことをサラ~っと言ってくるかもしれません。

 

しつこいようだけど、アイディアは生き物なの。

趣味は趣味でも、ゲームとかショッピングとか、キャンプとか旅行とか、息抜きにやってたスポーツとか、そういうのとは別物なの。

 

逃げます。

死にます。

腐ります。

土に返ります。

 

特に小説やマンガの、長編ものの中断は、そのまま永遠に完成しなくなる可能性大です。

 

事情があってやむなく手放しちゃったけど

また取り戻したくなった人は

カメ(作品)を神棚にまつるくらいの勢いで

「本当にごめんなさい、もう二度と放しません」

と謝って、誠心誠意、手間暇をかけて

許してもらってください。

 

私は、とりあえず外部の事情はガン無視して

自分が飽きたりイヤになったりしたタイミングや、

他に夢中になることができたタイミングで、

別れの時が来たという自然な感覚があったら手放すことに

しています。

 

でもけっこう覚悟いるよ、これはこれで?