Happy Fancy Arts

高品質のイラストを¥1000から。一週間でお届け

グリザイユに挑戦中③

製作中のイラスト

つづきです(ΦωΦ)

 

 🔶前の記事

aryoshka.hatenablog.com

 

aryoshka.hatenablog.com

 

 

 

f:id:aryoshka:20170226204645j:plain

 

死後硬直はじまってるの~?
みたいな感じに なってまいりました。

 

こんばんは。「ジャックと豆の木」のジャックですよ。

 

色は「乗算」レイヤーでのせています。

 

豆の木がカオスになってしまったので
形を出すために 上からもう一度描き直します。

 

時間かかりすぎやね(;^_^A

 

次にお目にかけるときは

完成しているとよいのですが (。▰´▵`▰。)

 

 


ところで
映画「ジャンヌ・ダルク」にこんな感じの、植物に浸食されてゆくシーンがあって

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジャンヌ・ダルク [ ミラ・ジョヴォヴィッチ ]
価格:1832円(税込、送料無料) (2017/2/26時点)


 

 

ショーン・コネリー(だったかな?)が妄想の中で話しかけてくるんだけど、
ジャンヌの幻覚というか妄想の映像に対して
皮肉というか、突き放して揶揄するようなことを言うんですよね。


「おまえの死に対するイメージは実にロマンチックだな?マジウケるw」みたいな。

(セリフの詳細は忘れました)

 

自分を冷たく客観視しているもう一人の自分の存在・・・
って、ある意味とてもオタクっぽいというか、現代的


ジャンヌ・ダルクの熱血なイメージとは正反対で
「ああいう行動的でアイドル的な子には、そういう面はないんだろうな」
と思っていたので、意外だし、とてもスリリング
彼女を一気に身近な存在にしてしまう、おもしろい演出だったと思うのです。