読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Happy Fancy Arts

高品質のイラストを¥1000から。一週間でお届け

気分転換によい!「印刷で充実感ゲット」

創作に関するあれこれ

印刷して気付いたこと

 

 

ギャラリー展示用に、額装して発送しました。

 

f:id:aryoshka:20170314204506j:plain

 

f:id:aryoshka:20170314204538j:plain

 

ちょっとバタバタしたけど

今回、印刷や額装など

普段しないことができて楽しかったヾ(*´∀`*)ノ

 

そして、自分でもびっくりするほどハッピーになれました。

 

コピック画を描かなくなってから

ずっとペンタブでデジ絵描いてて

SNSにアップすれば

お気に入りしてもらえたりコメントもらったり

たまには注文ももらえたり

それなりに楽しくやってきたけど

でも、デジ絵ってやっぱりデータの世界なので

グッズやアクセサリーみたいに、

形あるものが残らないんですよね。

 

そのことをべつに疑問にも思ってなくて

自分の絵を手元に置いてじっくり見返すようなこともあまりなくて。

 

ただ、一枚描き終わったらちょっと休んで

またすぐ次に移っている感じで

なんだか慌しいような、虚無のような

すべてが幻のような気もしていて。

 

完成した絵はパソコンのフォルダにしまってあるだけだし

SNSでは、気付けば他の人の絵を見ていることの方が多い。

それは純粋に先輩方のイラストが好きだったり

勉強になるからだったりするんだけど

 

ある意味、自分と向き合う時間がないってことだし

もっと言うと、ゆっくり自己満足に浸るような時間を持っていなかったなと。

 

こんなの、めっちゃ自己満足の世界なんだから

もっとめいっぱい自己満足してもよかったのに。

 

まずは自分が自分を充分認めてあげないと

つい外の世界に評価を求めてしまって

誰かに認められたいって思ってしまったりするんだよね。

それじゃ本当の集中力は出ないって、わかっているはずなのに。

 


今回、まあ展示という目的があったからなんだけど

印刷して形にしたことで

ただデータで保存していた時とは比べ物にならないくらい

達成感というか充実感というか。

「ああ、完成したんだ。やり遂げたんだ」と心から思えて。

 

ネットさえあればたくさんの人に

なんなら海外の人にだって見てもらえる。

それでもわざわざ自費で、

画集とか紙の同人誌を作る人たちもいて

 

そうか、あの人たちが欲しいのはこの感覚なのかな・・・と思ったり

手描きの人は毎回このハイな感覚を味わっているのね・・・そりゃやめられないわけだわ。と思ったり。

 

あとですね

たまたまおばあちゃんが来てたんだけど、

おばあちゃんにスマホから自分の絵を見せても「へー・・・」みたいな感じで

めっちゃ反応薄いんですよ。

でも今回、額装した絵を、送る前にちょっと見せたら

別人のように態度が変わって

すごく褒めてくれたのも、驚いたし嬉しかったな。

 


そんなわけで、私みたいに普段デジ絵ばかり描いてて

ネット専門で同人誌もやってない人は

たまに印刷して額に入れてみるの、めっちゃおススメです✨

 

今コンビニでできるネットプリントもあるし

とくに使うあてがなくても

自己満足でもぜんぜんいいと思うんです(*´ω`*)

 

 

 

ご注文方法 - Happy Fancy Arts