Happy Fancy Arts

高品質のイラストを¥1000から。一週間でお届け【受付再開】

「10㎝四方のモノクロカットが3千円!?」再びイラスト受注料金について

f:id:aryoshka:20170714185631j:plain

 

こんな記事見つけました。
ラフストーンさんがツイッターでシェアしてたので♪
 
 
うん、わかるよー(・∀・)

もちろん私も、完全無料配布なんてするつもりないですよ。
 
でも「安いのは害悪」というのは

 

それは個人がどうというより
クラ〇ドサービスやコ〇ナラさんに言ってくれるとよいかも?
 
そしてなぜか、この記事のすぐ横に
ココ〇ラさんの広告が出てくる・・・( ̄∇ ̄;)ハハハ
あ、広告主だからはっきり書けないのかな?
 
 
以前も書きましたが
私はDAでコミッションを始めたのがきっかけです。
 
私にとって、依頼で描くのは
外の世界との交流窓口であり
学びの場でもありました。
 
そしてファンサービスの意味もあります。
 
だからイラスト頼みたい側が「絵師さん募集!」って言ってるの、
ほんとはちょっと違う気もしてて。

「私を好きで応援してくれる人のために交流窓口を設けたよ♪」
というのがそもそも、コミッションの基本だから
 
 
↑ここに書いた人たちもそうですよ!
(この記事なぜか、ロングランの人気になってしまったので責任感じる(>_<)
 
安くしている人は、そういう理由だと思うんです。
より多くのファンと交流したいから!
より多くの人に私のイラストの良さを広めたいから!が基本。
 
決して「私は下手だからこの程度で仕方ない」とかじゃないんです。
(私はそんな人知らないよ、逆に?)
 
アーティストが
「応援してくれるファンの子たちへのサービス♪」
「だから学生や無名の作家でも気軽に頼める値段にしとく」
と思ってやってるところへ、会社さんが入って行って
「あんた安くていいね。この仕事やってよ」みたいな感覚で頼んだら
「はぁ!?何言ってんの」ってなりますよ。それは。
 
 
私も、そのへんは、
一度初心に帰りたかったんですよね。
なので今、ココナラもSKIMAもやってないです。
ああいうところで価格競争に巻き込まれるのは
コミッションの基本とはちょっと違うと思った。
 
 
ちなみに
私が「商業利用可」としているのは、
 
ハンドメイド作家さんや、一人で起業する人
ネットショップや通販でがんばっている個人事業主さんのことも、応援したかったからです♪
 
商用不可にしちゃったら、その人たちが頼めなくなってしまうじゃない。
 
それが前提なので、
出版社や企業さんのために今のままの値段で働く気なんて、もちろんないですよ?
「どんな仕事もこの値段で引き受けますよ」って意味ではないですし。
 
 
それでいま、
個人の方からオーダーお受けしている作品が一件あります。
背景付きにするので少しお時間をいただく予定(*‘ω‘ *)
 
 
 
 
 
 
ブログランキングに参加しています