Happy Fancy Arts

高品質のイラストを¥1000から。一週間でお届け【受付再開】

怪奇現象「婚活は息子(仮)に一任したよ♪」

また思い出したので書き留めておきます。

これは飲み会で友達の先輩から聞いた話。

一人暮らしのAさんの体験です。

 

 

会社員Aさんのアパートは、

玄関を入ってすぐキッチン、

その向こうに畳の部屋がありました。

 

ある休日、Aさんがこの畳の部屋で昼寝していると

冷たい風がどこからともなく吹き込んでくる感じがして

寒くなって目が覚めました。

 

「あれ、窓開けてたかな」と思ったが

見ると開いていないし

一応毛布もかけていたそうです。

 

しかし部屋の中が何かおかしい。

寝ぼけまなこで見まわすと

黒い人影のようなものが部屋のあちこちに蠢いている。

その影は漆黒ではなく背後が透けて見えるくらい薄くて

シルエットからどれも子どものように見えた。

それぞれが立ったりしゃがんだり駆け回ったり、

ばらばらに動き回っているのだそうです。

 

とくに金縛りなどはなく、はっきり目覚めてはいるが

「まだ起き上がるのめんどくさいな」程度の感じ。

 

そのうち影の一つがすぐ間近にせまってきたので

「うわー近い近い」と思いつつ横たわったまま見ていると

あいからず影なのですが、うっすらと髪型や顔の輪郭などがわかり

幼い男の子のようでした。

ただその子には目が無くて、

真っ暗な二つの穴のようになっていたそうです。

 

 

f:id:aryoshka:20170719220236j:plain

 イラストbyありしゅ

 

Aさんは、たまに不思議なものが見えることはあったが

「自分を脅かすほどのものにはまだ出会ったことがない」

という、ちょっと豪快な感じの女性。

そのときも、あわてず怯えず

男の子に向かって「何か用?」ときいたそうです。

 

すると男の子は、かすかな声で

「ぼくのことを産んでくれる?」

と言っている。

 

その霊は、どうやらAさんが妊娠するのを待って

Aさんの子を器として宿り、現世に戻りたいらしいのです。

 

しかしAさんは独身

付き合っていた彼氏とも別れたばかりだったそうです。

 

「だったらさぁー、あんたまず『お父さん』を連れてきてよ!」

と若干キレ気味で指示。

「あんたの『未来のお父さん』を探し出して、私を好きになるようにしむけて!あ、どうせならいい男をお願いね」と、相手について2~3の注文をつけた後

「なるべく早くしてね!私だっていつまでも若くないんだからね!?」

と、念を押しました。

 

男の子は「わかった・・・」と言い残し

玄関からスーッと出て行く。

それと同時に、部屋の中にいた他の影たちも消えていました。

 

ちなみに、玄関のドアを通り抜けたということなので

だったら壁から出てもなんでもいいんじゃないかと思うのですが

なぜか「きちんと玄関から帰った」ということでした。

 

さらにその出来事の後も同じ部屋に住み続け、

「あれから何年もたつけど、あの子まだ戻ってこないの。父を探しに行ったきり帰ってこないのよ~」

と豪快に笑うAさんでした。

 

 

 

イラスト・カット ご注文方法 - Happy Fancy Arts