Happy Fancy Arts

創作ファンタジーイラストとアクアリウム

「人間性に幻滅したくないから絵描きのブログもツイッターも一切見ないよ」問題

たまに見かける、このような意見・・・

 

 

「せっかく絵が好きだったのに、

文章を見てガッカリしたらイヤだから一切見ないことにしている」

 

はい、そうですか・・・( ;∀;)

 

でも私だって

想いを共有したい、とか

あ、これ書いたら誰かの役に立てないかな?

という気持ちもあってやっているので

もし「見ないって決めてるんだ!」と言われたら

ちょっとさびしいですね。

 

しかし

「素敵な作品を作れることと人間性の良し悪しはまったく別である」

という考え方・・・

 

うーん(・・?

これは筋が通っているようにも見えるけど、疑問もあります。

 

作品と作者って、本当に、そんなに完全に分離できるものなの?

 

私は作品を通して、目に見えない何かを受け取ったり

伝えたりすることができると思っているし、

もし本当に技術さえあればそれでいいっていうなら

それこそ人工知能が描いたって同じで

人が描く意味なんかなくなってしまうじゃない。

 

私は、自分の好きな作品があったら

そこから作者の心を受け取りたいと思うし

それはもう

闇も苦悩も狂気もひっくるめて受け取るつもりなわけです。

遠慮なくあたしの中に注ぎ込んでよ!ぜんぶ受け止めるから!

一緒に混沌の海で泳ごう°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

くらいの勢いですよ。

 

幻滅されちゃうのは逆に、

自分の中にドロドロしたものが渦巻いてるのに

それを作品に注ぎ切れていなくて

キレイごとだけ表現してるから

同じようにキレイごとだけ見ていたい人が集まってくるのではないか?

 

それとも、ワガママで自分勝手な本音を隠さずバンバン言ったり書いたりして

ストレスがなくなってスッキリしてあとは創作に専念♪ってやるからこそ

すばらしい作品が出来上がるのか?

 

 

たしかにね

可愛らしい絵を描く人と思っていたのに

ツイッターやブログの文章が

なんともいえずピリピリしてトゲがあった・・・

それもたまたま虫の居所が悪かったのか?というレベルじゃなくて

わりといつ見ても他人の粗探しをしたり嫌味を言ってる感じで

絵にも興味がなくなったこと、正直あります。

 

でもその人の人間性を知ったこと、残念とは思わないです。

野心家なのかもしれないけど

「そんなにカリカリしてしんどい思いをしながら描いていたのか」

と、ちょっとかわいそうになりました。

 

たぶんもっと感覚を研ぎ澄まして心の目で見ていれば、

その一見可愛らしい絵から怒りがにじみ出ていたのかもしれないけど

自分の霊感が鈍くて感知できなかったというだけの話だと思ってる。

 

その時はもともと好きも嫌いもなかったのですが

もし私がその人の絵を大好きで素晴らしいと思ったのなら、

その人の攻撃性に共鳴するようなダークな部分が

きっと自分の中にもあったんだな・・・と素直に受け取ります。

 

表面的なものに惑わされず感覚で見たとき、

作品自体は、可愛くも綺麗でも癒し系でも何でもなく

むしろ暗くグロテスクで歪んだものなんだけど

なぜか、生き生きとしたあたたかいものを感じる✨

そういうことだってあります。

それが「目で見えたんじゃなく心で見えた」だと思っています。

 

 

 ちなみに実際に私が好きになった作家さんで

人間性がちょっと残念だった人というと

「コミュ障ぎみだった」パターンが多かったです。

イベントでブースにいたので話そうとしたら

かなりの吃音の方だったこともありました。

 

でも私がその人たちの作品を良いと思ったのなら

きっと私の中にも人となじめないような一面があり、

だからその人たちの作品に共鳴したのだろう

と考えています。

 

そして、不器用だったり電波系だったりしたけど

根は純粋な人たちだった、と直感したし信じてる。

 

なので、

もともと好きな人に対してそこまで矛盾や失望を感じたことはないですが、

もし本当に人間性に納得できなければ

私だったら、作品からも未練なく離れます。

 

ブログもツイッターも見たければ見るし

見ない時は単に、

 作家だろうと何だろうと他人の家庭や私生活の話に興味ないから見ない。

 

興味があるのに、あえて見ないようにしたりは、ないですね。

 

 

 

f:id:aryoshka:20170904190123j:plain

 Photo by ありしゅ