Happy Fancy Arts

高品質のイラストを¥1000から。一週間でお届け

映画「猿の惑星 聖戦記」

f:id:aryoshka:20171017105708j:plain

 

猿の惑星シリーズ、

天才猿シーザーが赤ちゃんだった頃からずっと見てます♪

 

前作では頼もしいリーダーに成長し

お父さんになっていたシーザーですが

シーザーの息子の一人ブルーアイズは、

残念ながら今回、人間に殺されてしまいます。

 

でもブルーアイズは、新しいすみかを探すという任務をやり遂げ

場所をみんなに伝えていたので、群れは大移動を開始します。

その途中で、人間たちに捕まり

強制労働させられる捕虜になってしまった!

賢い猿たちの脱出作戦

そしてシーザーは、ブルーアイズの仇である大佐をどうするのか・・・

 

観ている自分が人間なのに

人間じゃなくて猿を応援したくなる不思議な映画。

 

もし仮に、本当に猿が支配している世界があって、

「健気な人間たちが猿に戦いを挑む」みたいな内容の映画を猿自身が制作し

他の猿がみんなでそれを見ながら泣いたり感動したり

「人間がんばれ」と応援してたら

すごく変な感じがすると思うんですね。

 

人間はそれをやるわけです。

人間のくせにこんな映画作って

「猿えらいわ~猿がんばれ(;O;)」と、観るわけです。

 

人間って、ほんっと~に

おもしろい生き物だなーと思いました♪

 

 

 

ところで、この映画一作目からずっと出ていて今回も大活躍の

シーザーの親友・オラウータンのモーリス君がいるのですが

このひと、フランジ雄だったんですね。

たまたまこないだ、動物園の解説ボードで見たばかりだった。

オラウータンの雄で、顔の横に出っ張りがあるのはフランジ雄

それがなくて、雌と見分けがつけにくいのをアンフランジ雄というそうです。

 

森のヒト、オラウータンが見せる、まるで上司と部下のような関係や、人間に対する愛情・・・【番外編】 | 捕食動画ナビ

 

その区別は遺伝的に決まっているわけではなく

群れでの位置づけや本人の気持ちひとつで、

顔の形がこんなにも変わってしまう・・・

その性質が、とても不思議で。

 

自らの意志で顔が変形して、ある日突然美人になってた♪

背中から翼が生えて空飛べた♪

なんてことは、夢みたいな話ですけど

生き物の身体って、意志の持ちようで変わっていく

それは本当なんじゃないかと思います。

 

映画の中で、シーザーも

命の危機は何度もあるのですが

大きな意志で命の期限をコントロールしていて

本当に役目を終わったと感じる時までしっかり生き延びる

 そんなたくましさがありました✨