Happy Fancy Arts

創作ファンタジーイラストとアクアリウム

モテる方法「告白を成功させた男子」

心理作戦で、最初に無理なお願いをして、

その後ハードルを下げて「うん」と言わせる

というのは、よくある手法で

たとえば親しくもない女性に「旅行に行こう」と言う

もちろん断られる

その後、「じゃあ食事に行こう」と言うと応じてくれるそうなのです。

 

ほんとかどうか知りませんが

昔こんなことがありました。

 

 

私が小学生の頃のことでした。

5年か6年にはなっていたと思うのですが

ある日、同じクラスの男子に

「ちょっと来て!!」と、問答無用の勢いで

屋上に呼び出されました。

 

給食の直前か直後で

みんなが遊びに出てくる時間とはちょっとずれていたので

屋上はからっぽで誰もいませんでした。

 

その男子は、突然屋上の金網にとびついて

「ぼく、これから死ぬから!!」

「死ぬから見守ってて!!」

と言うのです。

 

もちろん何が何だかわけがわからず

「はぁー!!??( ゚Д゚)」

(ていうかなんであたしが見守る役なんだよ!?)

「ちょっと何やってんの!?やめてよー!!」

「ばかなことやめてよ!!(≧◇≦)」

と、しばらくもみ合いになった後

 

その子は急に飛び降りようとするのをやめて、

捨てられそうになった犬みたいな顔で

 

「ぼくがいなくなったら困る??」ときくのです。

もちろん「うん」と答えました。

すると今度は「ぼくのこと好き?」ときくので

これも流れで「うん」と答えました。

 

というか飛び降りようとする相手に「嫌い」とか「興味ない」と言える人はいないと思いますが。

 

そうしたら彼 勝ち誇ったように喜んで

「好き!?ほんと!?あのね、ぼくも大好き!!」

「は!?あ・・・ありがとう・・・( ゚Д゚)」

と、ポカンとしている間に告白が成立。

 

小学生なので付き合うと言っても友達みたいなものでしたが

まあ仲良くしていました。

普段からちょっと変わってるところはあったけど、

ゴキゲンでサービス精神旺盛で、素直ないい子だった。

最後は、中学が別になったので疎遠になりました。

 

実際にはただ「屋上に呼び出されて告白された」

というだけの話なんだけど

その前の、狂言自殺のようなパフォーマンスが強烈すぎて・・・

あれは、忘れません(;'∀')

 

今思うと私 彼を尊敬します。

 

陳腐だったかもしれないけど

「なんとしてでも『うん』と言わせる」という捨て身の気合いと

独自のアイディアがそこにあった。

 

あの瞬間のあの子は

押し売り営業マンであり 優秀な芸人だった。

 

あそこまで一直線にアホな子は後にも先にも見たことがなく

他の誰もやらないこと

正気じゃ誰も恥ずかしくてできないようなことを

あえて実践してしまう勇者だったわけです。

 

飛び降りると脅した時

私が止めなかったらどこまで登るつもりだったんだろう

私が仲良くなるのを拒否して「あいつこんなことするんだよ」とみんなに言いふらしたらどうするつもりだったんだろう?

 

いや、もしダメだったらとか計画が狂ったらとか

そんなことはぜんぜん考えていなかったのだろう。

 

大人になった今どうしているのか知りませんが

あの才能のままに育ったのなら

順調に欲しいものを手に入れていそうな気がする (。▰´▵`▰。)

 

今の私にあんな情熱や独自の発想力があるかというと

ないんです。

小学生男子に負けるんです。

 

でもあの子の 工夫の精神と度胸を思い出して

元気をもらおうと思います。

 

ありがとう・・・(*^ω^)

 

 

f:id:aryoshka:20171114204933j:plain

うちのベランダでとれたミニバラです♪

放置していたので葉にちょっと穴が開いてしまった。

 

 

 


イラストランキング