Happy Fancy Arts

創作ファンタジーイラストとアクアリウム

【イラスト】調子が悪い時どうする?

f:id:aryoshka:20171225190710j:plain

 

オリジナルイラスト

 

f:id:aryoshka:20171225191730j:plain

 

 

ご注文方法 - Happy Fancy Arts

 

 

 

私の好きな作家 大木ゆきのさんが

知人のミュージシャン(だったかな?)の言葉を紹介して

 

「調子が悪いから『今日はライブ中止しよう』じゃなくて

調子の悪いときは調子が悪いなりの演奏をする。

人間だから調子が出ないときもある。

それもひっくるめて見せる。だってライブなんだから」

 

と、ブログに書かれていたことがあったんですね。

(URLとっておかなかったのでどの記事だったかわからなくなってしまった)

 

その同じ記事に

「たとえば絵でも同じ。

調子の悪いときは調子の悪い絵を描けばいい。

それが人の心を打つことだってある」

とも書かれていて。

 

「なるほど!」と思ったんです。

 

いつも完璧でいようなんて思ったら何もできないもんね。

 

しかし思い返してみると

他の人の絵を見ていて

「どうも最近調子が悪い」とか

「今スランプです」「リハビリ中」とか

ツイッターでつぶやいてあったりキャプションに書いてあったりするあれね、

 

正直に言うと

他人である私には、いくら目を皿のようにして見ても

その人の普段の絵との違いがまったくわからないことが多いです。

 

どこがどう調子悪いのか?

絶好調の時の絵と比べてそんなにも劣っているのか?

「いつもより時間がかかった」とか、何かあるのかもしれないけど

出来上がった絵だけ見る分にはピンとこないし

「べつにいつも通りじゃないのか」ということが多く

むしろ「前より良いのではないか」ということさえあります。

 

これまで見た中で「あ~確かに調子悪そうだね」

と、見るからにわかることの方が稀だった気がします。

 

人に伝わらないのなら

「調子が悪い」とは自分の中だけの問題ということになる。

 

「調子悪い」って何なんだろ??

 

よほどの達人が調子悪いーって言い出したらならともかく、

たいした年数も積んでいないならそれはただの

成長の痛みのようなものに過ぎなくて

調子いい時の自分というのも実は自惚れでしかなく

むしろそんな幼い自分を超えようとしているサインなのではないか

と思ったりします。

 

 

ちなみに上は

私自身の「調子悪いときの絵」であります。

 

調子悪かったため男の子だけ描いて放置していた絵を引っぱり出して

クリスマス用に加工してみました。

 

で、何がどう調子悪いのか言わなきゃわからないと思うので

作者の私が解説します。

 

私はもともと、まともに顔も描けない頃から

果敢にいろんなポーズに挑戦していたくらい

動きのある絵を得意としていました。

なので直立不動の子を描いてる時点でかなり精神がやられている

もうおめめを描く気力も衣装を考え出す気力もない

キャラが死んでいる

コールドスリープです

 

でもふと、スノードームに封印されてる使い魔なんだ 

という設定が浮かんだので加工した

 (加工は、楽しかったです♪)

 

 


イラストランキング