Happy Fancy Arts

高品質のイラストを¥1000から。一週間でお届け

切断されても大丈夫♪ちょっとグロくて楽しい傑作「反逆の星」

欠損と切断の話で思い出したので・・・

中学のとき読んだ小説で

切断し放題のカオスヾ(*´∀`*)ノ 

でもなんか明るくてハッピー♪

な話があったのですよ。

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

反逆の星 [ オ-ソン・スコット・カ-ド ]
価格:670円(税込、送料無料) (2017/5/16時点)


 

 

著者オーソン・スコット・カードは

映画化された「エンダーのゲーム」の原作者です。

 

この「反逆の星」は、エンダーとはまた違う惑星のお話。

トリーズンという惑星には、いくつもの民族が住んでいますが

中でもミューラー族は最強の戦士として恐れられている。

 

なぜミューラー族が最強なのかというと

遺伝子工学を極めた祖先により

驚異の再生能力を手に入れた種族だから✨

 

完全な不死身ではなく

火で燃やされたり、溺死したり、斬首されたら死にます。

フツーに年も取るので、老衰でも亡くなります。

あと、痛覚もあるので怪我したら痛いことは痛いそうです。

 

でもとにかく再生能力が優れているので

傷や怪我があっという間に治るのはもちろん

トカゲじゃないけど、手足を斬りおとされてもまた生えてきます。

 

しかし、いいことづくめのように見えるこの種族には、ひとつ大きな問題があった・・・

それは、思春期に「過剰再生症」という病気を発症すると

治癒能力が暴走して、本来持っていなかった器官まで再生しはじめ

最終的にはたくさんの手足を持つ化け物のような状態になってしまうこと・・・

 

主人公は、ミューラー族の王子だったのですが、この病気にかかってしまい

男の子なのに「おっぱいが出てきたので隠して生活している」という、なんともマニアックな始まり方。

 

f:id:aryoshka:20170516202608j:plain

 

ついに隠しきれなくなり検査を受けると

「あーこりゃもうダメだ、子宮と卵巣までできてますねー」 と

臓器も徹底した「ふたなり」状態に!

 

「親戚にやはりこの病気にかかった女の子がいるが、その子は男性器が生えてきてしまい、化け物扱いされて気が狂ってしまった」などというエピソードも語られています。

 

「過剰再生症になった者は、もう次期国王になれない」

しかし「かわりに跡継ぎになった弟との間で争いが起きるといけないから」

ということで、密使として遠い国に行かされることになります。

乳がもう隠しきれない大きさになってしまったのと、敵を油断させる目的で、開き直って女装で旅に出ることに・・・✨

 

と、冒頭から男か女かよくわからなくなった王子様ですが

意外とブレることなく、中身は常に安定の勇敢なヒーローのまま

冒険したり活躍したり

自分の国とは違ういろんな価値観を知って成長してゆきます。

 

ちなみに、Hな小説ではありません。

流血シーンはやや多めですが、普通のSF&アクション。

ただこの不思議な設定のおかげで、

「なんじゃそりゃ――――!!??」

というマニアックなシーンが次々と登場します。

 

女のフリして異国に潜入し、そこのリーダー的な女性の家で暮らしていたところ

その女性がバイ?で、関係を迫られてしまった

ひゃああ脱がされたら実は男だってバレちゃうよぉー(;´Д`A ```

(しかし、後にこの女性は幻術使いで、実際には男だったと判明。

結局、女のフリした男と男が騙しあっていたという( ̄∇ ̄;)

 

さらに、敵に襲われて重傷を負い、内臓をぶちまけた状態で倒れていたら

どちらが本体かわからなくなってしまったのか?

元の体に小さい自分がくっついている結合双生児のような状態で再生が進んでしまい

その小さい方を切り離したところ

それはそれで成長して、クローンみたいなものができあがり

後に政治利用されたりΣ( ̄□ ̄|||)

 

と、いろいろカオスな展開がおもしろいんです。

 

 ・・・

もし、手足を再生できる能力があったら

一度くらい、切断してみたくなるかも・・・?

 

 

 

🔶前回の記事🔶

 

aryoshka.hatenablog.com

 

aryoshka.hatenablog.com