Happy Fancy Arts

創作ファンタジーイラストとアクアリウム

本気で書きたいことは何ですか

最近、マンガ家さんたちのブログ

いくつか見ていました。

ある日、思った

 

(これは本当に読む側からの意見です。私マンガ描けないので)

 

 

マンガで生活していくということは

売上とか、出版社の意見に左右されますよね

 

単行本の売り上げが伸びなければ連載は打ち切り。

ネームを提出しても編集さんのOKが出なければ作品として完成することはない。

 

作家さんも生活していかなければならない

だから売れ行きに左右されるし

編集さんの意見に従うのは当たり前のことかもしれないけど

ふと ある疑問がわいてくることがあります。

 

商業作家は実力のある人たちだと思うんだけど

でもそうならよけいに 作家としてアーティストとして

「一銭にもならないけどみんなに伝えたいこと」って

ないのだろうか??

 

心から「どうしてもこれを伝えたい」「これを書きたい」

「売れるとか売れないとかもう関係ねぇー!!」と思うこと

そういう想いがわきあがってくること

ないんですか?

 

あるのなら、それは何なのか

 

そしていつ世に出すつもりなのか

 

まずは商業で稼いで

お金ためて引退したらやろうとか思ってるの?

 

出版社もそう。

編集者とか、社長が作品や作家さんに惚れこんで

売り上げがすぐには伸びなくても、もう自腹切ってでも載せちゃうとか

そういうことって、ないのだろうか??

 

本当に良いものほど、結果がすぐに出るとは限らないから

今はマイナスでもいい 世界を信じる。とか

たまには、会社や経営者だってそういう気概を持たなくちゃ

パッと消費されてパッと消えていくものばかりになっちゃう

そんなのは、長い目で見て本当に豊かとはいえない。

 

もちろん

パッと売れてパッと消えるものを作るのが得意な人種っていると思うんです。

それは、そういう人たちにお任せすればいいのであって

そうじゃない人が、無理して型にはまろうとする必要ないし。

 

同人誌の世界は自由なはずなんだけど

同人誌の世界でさえも

やっぱり経済に左右されるところはある。

 

でもお金って

「どうしてもこれを伝えたい」

「これを表現したい」

「一銭にもならんが関係ねぇー!!」

そう思ってやり切ったその先に

後からついてくることだってあるんじゃないかな

 

自分がそこまで思った内容なら

即大金ゲットとはいかなくても

発表すれば何かのレスポンスや新しい出会いはあるんじゃないのかな?

 

もし同人から商業マンガ家になったとしても

作家は作家で 表現者であり続けてほしいなと思ったりします。

 

伝えたいことを大切に・・・(*´ω`*)

 

 

f:id:aryoshka:20180126122729j:plain

 

 

 


イラストランキング