Happy Fancy Arts

創作ファンタジーイラストとアクアリウム

映画「グレイテスト・ショーマン」

 

f:id:aryoshka:20180219201532j:plain

ぞうさん。 イラストbyありしゅ

 

ご注文方法 - Happy Fancy Arts

 

ミュージカル映画で

19世紀に実在したというサーカス団長

P・T・バーナム氏の物語です。

 

話もおもしろいし

スピーディな歌とダンスも楽しめます♪

 

 

 

f:id:aryoshka:20180219201402j:plain

 

意外だったのは、バーナム氏は最初からショービジネスの世界にいたわけではなく

もとは仕立て屋の息子。

しかし仕事を継ぐ間もなく父が死んでしまい

一度はホームレスみたいになったものの

当時大募集していた三食&寮も完備の鉄道の仕事を得て命拾い。

 

それから幼馴染の女の子と結婚し

貿易会社?で事務の仕事をしていたが

ある日突然 全員解雇 (T_T)

もともと仕事内容には不満だったみたいだけど

なんかクビになってばかりでサエない人生

(このとき30~40代くらい?)

 

そして一念発起!

なんと貿易会社から持ち出した船の権利書を担保に

銀行からお金を借りる

しかしこの時すでに船は沈没している

それフツーに詐欺じゃないのか!?

(ゆるい時代だったのかね~?)

 

そのお金で博物館を買い取り、経営の再建に乗り出すが

宣伝しても客は来ないし かなり難航・・・

 

娘たちの

「あそこには死んだものしかない。何か生きたものを置かなきゃ」

「何か生きていて奇抜なものを」

という言葉を受けとめ

博物館からフリークサーカスに転向!

今度は大盛況~°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

 

そこからまたいろんなことがあるのですが、

とにかくサーカス団長が天職だったらしく

生き生きと働くバーナム氏でした。

 

天職って、若い時から見つかるとも限らなくて

でも出会う時には出会うんだな、と思いました。

「あ、今だ」とひらめく時があったら

勇気を出せばいいんだよね

 

なんか涙出てきた (´Д⊂ヽ

 

心に残った言葉は

「おかしなもので、人はゾッとするようなものを見たがるんですよ」byバーナム氏

うん、知ってる(´-`)

 

上流社会に認められることにこだわり出してしまったバーナムに対する妻チャリティの言葉

「全世界からの支持なんていらないでしょ?ほんの数人の善人からの愛があれば」

(うろ覚え)

 

そうなんだよね。

叩かれたりもしたけど、もともとファンもいたんだし

繁盛してると酷評してくる意地悪な記者も、ピンチの時はあたたかく見守ってくれた・・・

 

「何か生きたものを置かなきゃ」

この言葉もけっこう刺さりました。

作品が「生きてるかどうか」って抽象的で

言葉で説明するのは難しいんだけど

名言だと思います✨

 

おもしろかった♪

 

 

 


イラストランキング