Happy Fancy Arts

創作ファンタジーイラストとアクアリウム

ツイッターアカウント休止中です

只今ツイッターお休み中です。

 

まずGramblrが壊れててインスタグラムに投稿できないので

新しくアクリル画用のアカウントをつくろうと考え

二個アカウント持つのめんどくさいので

とりあえず前のアカウントは放置することにした

が、思い切って退会処理しちゃおうか?と衝動的にポチっとしたので

30日したらアカウントが消えるそうです。

今はまだ残っているかもしれない。

再開したらまた書きます。

 

 

ツイッターは、「今こんなのが流行ってるんだな~」とか

「こういうのが人気あるんだね」とかいうのがよくわかって、

ためになることもたくさんあったのですが

それだけに、雑音も入ってきやすいと感じます。

 

他の人を見たりリサーチするのも好きだけど

一応アーティストだから

雑音を締め出して、自分に集中したくなる時もある。

けっこう本気で思う。

 

でも、矛盾してるかもしれないけど

これまで繋がってくださった方々には

感謝してるし ひそかに大切に思ってる。

それも本当。

 

私がツイッターをやっていたのは

ほんのこの2年足らず

その間にたまたま出会う&なんらかの交流をする

って、すごい確率だと思うんです。

偶然とは思えない。

導かれていたんじゃないかって思う

みんなのこと好きだったし

忘れられないくらい強烈な個性の持ち主もけっこういたよね(⌒▽⌒)

 

リムーブもたくさんされたけど、たいていは

フォロバを狙ってフォロー⇒しばらくして自分だけリムーブし、

フォロー数よりフォロワー数を多く見せる演出

を実施していることが明らかな人たちばかりだったから

べつに私の絵やツイートが嫌いで・・・

というのは逆に少ないというか

そもそも最初から興味なかったんだと思う。

 

そんな中でも、もしも本気で嫌ってくれた人がいたら

「ありがとう」って思う。

それだけちゃんと見てくれたってことだから。

たとえ出てきた反応が「嫌い」「見たくない」であっても。

それってすごいことなんだよ?

 

えーとね、、

たとえば、食べ物とか、本とか、音楽とか

まあ人物でも良いですが

「子どもの頃嫌いだったけど、今は好き」

「イヤだな~と思ったけど、数年後に見たら良さがわかるようになった」

「ありえない!って思ってたけど許せるようになった」

そういうものって、誰でもあると思うんですね。

 

「嫌い」の中に、実は「将来好きになる物」だったり

「自分で自分に禁止していること」だったり

学びのヒントが隠されていることがある。

宝箱みたいなもの。

プラスでもマイナスでも、とにかく何かの感情が動いたってこと。

 

私もあります。

ツイートじゃないんだけど、ある人の発言に腹が立って。

でも数年後にやっと「あ、こういうことだったのかな」とわかり

「そっか、あれってけっこうためになる言葉だったんだ」

「でもあの時の私には、まだ早すぎたんだよなぁ・・・」って。

 

だから、アドバイスって要らないんだと思う。

よかれと思って言ってあげても、その人にはまだ早すぎて

理解も実行もできない・・・ってこともあるから。

 

人って、時が来れば学ぶし

勝手に変わっていく。

 

もう一つ思ったことは

私べつにこれといった個性もないし・・・

とか、一周回って逆に

個性を大事にしなくちゃ!個性確立しなくちゃ!

と思ったこともあった。

 

いやいやいや

考えてみたら

あれだけフォローしても趣味や好みや活動内容が

完全に被る人なんていなかったじゃない。

個性 充分あるんだよきっと(⌒▽⌒)

 

 そうなんです

絵描きって本当に、いろんな人がいます。

ただ「選ぶ側に個性が無い」「結局多くの人が似たようなもんを選んでしまう」と感じたことはあります。

なので、有名どころや、表側、日の当たる場所だけ見ていたら「うーん、なんかみんな似てるような?」と感じてしまう人がいるのも無理ない。

 

なので、これからは自分が個性を出そうとがんばるんじゃなくて

人類が多様化することをお祈りすることにします( ˘ω˘ )

 

 

ゼブラちゃんが添い寝してくれる♪

 

f:id:aryoshka:20180407221802j:plain

 

 

 


イラストランキング