Happy Fancy Arts

創作ファンタジーイラストとアクアリウム

【性別適合手術】FtMと絵描き

女性に生まれたが 男性になりたい

それがアーティストだった場合

最も気になるのは

男になることが作品製作に影響しないかという点だと思います。

 

 

性転換したら、男性ホルモン注射を継続して受けることになりますが

経験者の証言の中に、この処置のせいで

「もともと器用だったのに、人が変わったように不器用になってしまい自分でも驚いている」

「緻密な作業が苦手になった」

「集中力がなくなった」

などの悲しい報告が存在していることは事実です。

 

逆に「べつに以前の自分と何も変わらない」という証言もあり、

「副作用は人それぞれ」としか言えないのかもしれません。

 

逆に男性がニューハーフになった場合

作品制作にどんな影響があるのかは

調べたことがないのでわかりません。

そういう知り合いもいないです。

 

絵描きの女性で男性になりたい人は

ネット上ですが知り合いでした。

私が二次創作していた頃で、同じ作品のファンでした。

ただの同人絵描きならいいのですが(いやよくはないか?)

その人はたびたび描くことへの真剣な想いを語っていたので

私も気になって、性転換の作品への影響を調べたりしました。

その人は私より前からジャンルにいて、先に撤退したので

今どうしているか知りません。

 

男性ホルモンというものは

本当に絵を描く能力に影響するのか

それとも関係ないのか?

本当のところはわかりません。

 

身も蓋もないことを言ってしまうと

女に生まれて女のまま生きていたって

洒落たセンスだったり緻密な感性を持っているとは限らないわけですが

FTMに限定すると、その確率がさらに下がると感じます。

 

つまり「女に生まれたけど男になりたい」と考えている時点で

その人は傑出した才能など最初から持っていない可能性大です。

 

 一生無人島で暮らすことになったら、それでも性別を変えるのか?わかりませんが

とにかく他者との関係性をとても重視している人たちです。

その人にとって

ひとりで作品と向き合う時間以上に大切なものがある証拠です。

 

「もちろん恋も人生も大事」「だからこそ今以上に不器用になんかなりたくないよ」って、それはそうなんですが

 

どうしても男になりたい

同時に絵も続けたいのであれば

ちょっとくらい副作用があったとしても

継続することで挽回はできると思います。

 

製作する上での欠点は、誰にでもあります。

工夫したり、他の長所を目立たせたり

カバーすることはいくらでもできます。

 

 

ただ 私はべつに性転換したくないですが、たとえば

「あなたを自分が望んだとおりの容姿にしてあげる」

「どんな美しさも手に入る」

と言われたら、そりゃ欲しいですが

しかし「その副作用として創作に関するなけなしの能力の一部を失う可能性がある」

という条件がついてきたら

「じゃあ要りませんこの顔で生きていきます」と答えるかもしれない。

 

 

私が思うに、命が「授かりもの」「頂きもの」であるように

性別も頂きものだし ある意味、借り物です。

私はそう感じてる。

「何らかの目的で女性の身体をお借りしたらしい」

「いつかお返しするけど今じゃない」

と思ってる。

お返しする時はもちろん私が死ぬ時です。

 

 

そして 心の性別と体の性別が違うという人は

その両方が、頂きもので借りもの。

 

そのように生まれることがすでにその人の魂の選択だから

何を選んでも正解も不正解もない と思うのです。

 

 

 

f:id:aryoshka:20180416230606j:plain

イラストbyありしゅ