Happy Fancy Arts

高画質のイラストを¥1000から。一週間でお届け

創作活動「自信と期待値」

自分が何か作品を作った時に

「うわーほらすごい~!ねえみんな見て見て――――(≧▽≦)」

というようなテンションになかなかなれない

そういうコト言えちゃうような、

自画自賛できる人がうらやましい・・・(´ー`)

という友達がいたので 考えてみました。

 

 

「自信がないから、そういうテンションになれない」と言いますが

私から見れば違います。

そいつは逆にめちゃくちゃ自信がある あり過ぎるんです。

「自分はもっとできるはずだ」

「もっとすごいもんが作れるはずだ」

「なのになんでこの程度なの?」

「何かの理由で力が出し切れなかった」

というような前提があるからこそ

自分にマイナス評価をつけてしまうのではないか。

 

自分の作品を「わーすごい~(∩´∀`)∩」と言えちゃうのは

一見 傲慢に見えるかもしれないけど、

実は自信なんて持っていない

自分への期待値がそこまで高くない とも言えるのです。

 

極端な話、自己イメージが小学生くらいで止まってるんです。

小学生が、そこそこまとまったオリジナル小説だとか

そこそこまともなイラストを書いたらすごいですね。

「うわ~あたしすごい」

言い換えれば

「あたしにしては上出来だね」という意味なのです。

 

 

「自分に過剰な期待をしない」

このスキルがあると 創作活動が楽しくなります。

 

 

そもそも冷静に考えればわかる通り

自分に厳しく 常にマイナス評価をつけたところで

成功の確率はたいしてアップはしません。

 

あと 自分に厳しいやつは必ず 他人にも厳しいです。

自分に厳しく他人にやさしく、なんてたいがい無理。

むしろ「自分に厳しい・他人にはもっと厳しい」に陥ってしまう人が大半だよね。

 

 

それでは また・・・(*´ω`*)

 

 

 

f:id:aryoshka:20180613230939j:plain