Happy Fancy Arts

創作ファンタジーイラストとアクアリウム

【オリジナル】発火男と雨男

こんばんは――――°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

 

 

「何もないところで発火させる」という超能力は、パイロキネシスといって

海外で実際にあった事件が元になった伝説らしく

検索すると妙に具体的な情報が出てきます。

発火能力者はたいてい子どもや少年ということになっています。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ファイアスタ-タ-(上) (新潮文庫) [ スティ-ヴン・キング ]
価格:679円(税込、送料無料) (2019/4/28時点)


 

 

 日本でも、サイコキネシステレパス

またはテレポーテーションについての話や目撃談はそれなりの数存在しているのに

パイロキネシス能力者に関する都市伝説はほとんど見たことがないです。

高温多湿の気候のせいなのでしょうか

それとも発火能力という概念がいまいち国民性に合わないのでしょうか?

 

対する「雨男」

こちらはとてもメジャーで

「うちの旦那雨男でいやになっちゃう」なんてオカルト好きでも何でもない人たちが日常会話で口にするほど。

実際には、本人がその場に参加するだけで天候や確率が左右されるなんてありえない話だし

もし本当だとしたらそれもまた一種の能力者

「日本からの支援として、干ばつで困っている地域に我が国最強の雨男女軍団を送ります」なんてことになってもおかしくないのですが、そんな事はいまだ起きていない

つまり「信憑性がないにもかかわらずキャラとして定着している」

その言葉を発している人が「超常現象を信じているのか冗談なのかよくわからない」「誰も深くは追及しない」

という、曖昧で不思議な立ち位置にある言葉

それが「雨男」

 

私自身はそういう経験はなくて、逆に

「予報で雨だって言うから傘持ってきたのにめっちゃ晴れた」

「曇ってて寒いからコート着て出かけたら、急に晴れてきてすごい暑くなっちゃった」

みたいな記憶の方が圧倒的に多いです。

 

 

 

 

 

f:id:aryoshka:20190428185551j:plain

 

 

このキャラクターは・・・

2016年に描いた、この二人のつもり

 

f:id:aryoshka:20190428160021j:plain

 

 ただ当時は確かバンドやってる男の子たち

という設定だった気がする

 

aryoshka.hatenablog.com

 

 

黒系の背景は以前から興味があって。

黒背景を常用している絵描きさんの絵を見ては

「サムネ映えするし、いいなぁ」と思っていたのですが

原色使いのカラフルな絵も好きなので、

自分が黒背景で描いたことはあまりなかったです。

逆に白い背景、余白を多く残したりするのも、それはそれでセンスが要る・・・

なので定番の海とか空とか森とか、

中間色で部屋の様子を描きこんだりする方が

綺麗にまとめるのは簡単かもしれないですが、

しかし本のカバー絵によくある、キャラクターの背後が

ベタ塗りのショッキングピンクの背景!や、真っ赤な背景!

蛍光グリーンの背景!などもすごく興味があるので、

いつかやってみたいですね。

 

 

------------------------------------------------------------------------

イラスト・挿絵ご注文方法
http://aryoshka.hatenablog.com/entry/2016/07/10/011035
YouTube[ショートアニメ一話完結]
https://www.youtube.com/channel/UC6efy0tmMS_aaLApsnwtbnw
ピクシブ[イラストと短編小説]
https://pixiv.me/aryoshka
DA[イラストだけ]
http://aryoshka.deviantart.com
インスタ[金魚]
https://www.instagram.com/aryoshka/

------------------------------------------------------------------------