Happy Fancy Arts

創作ファンタジーイラストとアクアリウム

ホラーな夢の話

おととい雪が降って、関東でもかなり積もりました♪

 

f:id:aryoshka:20180124192030j:plain

 

ベランダの妖精さん 雪の帽子(*´ω`*)

 

f:id:aryoshka:20180124192147j:plain

 

ところで先日、ホラーな夢を見てて。

 

夢の中で私は、悪霊に憑りつかれた家に住んでいるのです。

 

寮なのかシェアハウスなのか?

特に血縁関係のない、男女混ざった10名くらいの人たちと一緒でした。

 

現実には霊も何も見えない人間なのですが

夢の中では、すべての悪霊の姿やその行動がはっきりと見えていました。

 

なんと、その家の住人たちは

自ら悪霊を招き入れているではありませんか

(あまり自覚がない)

 

そして、悪霊と同居するメリットが

その人たちにとっては、確かにありました。

悪霊たちは、入り込んでくるときに必ず住人に

巧みに何らかのおいしい餌を与えるのです。

 

なんというのか?

そのメリットというのは必ずしも実質がなくて

ちょっとネットワークビジネスに似た感じでした。

西洋では「悪魔は住人自らが招き入れない限り家に入れない」なんて言い伝えがあるけど、それと似た感じ。

 

私は悪霊の手口を見て「へえ~」と感心したりしているのですが

ある瞬間に「もうだめだ、出ていくしかない」と悟ります。

霊を追い出すことは不可能で、

追い出してもまた住人の誰かが呼び込んでしまうのです。

なんかもう、場所自体が奴らのカモリストに載っちゃってるんだろうな

という感じ。

 

それでひとりきりになって

廃墟のようなところを延々と旅して行ったら

またシェアハウスがあって

住人たちが楽しそうに料理の腕を競い合ってて。

「あ、ここなら大丈夫だ。ここに住もっかな♪」と思う。

さりげなくハッピーエンドな夢。

 

でも旅していた時のその風景は

死後の世界・魂の世界のように見えました。

悪霊とかなんとか言ってるけど、自分自身ももう現世の人ではないような

そんな世界。

 

小さい頃から、私が異次元や並行世界の夢を見る時

そこには血縁や親戚みたいなものはなくて

いつでもシェアハウスでした。

 

そういう呼び方はされていないけど、

現世のものに例えられる最も近い表現は「シェアハウス」なのです。

 

それって、魂の家族なんだろうなと思っています。

ただそんな密接なものでもなくて、自分で選べて

けっこう流動的。

 

そして、異次元の世界を見るときは

他の夢とははっきりと違う感覚があります。

 

なので よく言われる「眠っている間に魂が故郷に帰る」

って本当にあるんじゃないかと思う。

 

だとすると、その世界に行ったきりになる時というのは

現世の自分が死ぬ時であり

この世界での役目を終わった時なのかなと思ったりします。

 

夢って不思議・・・(。▰´▵`▰。)

 

 

 


イラストランキング