Happy Fancy Arts

創作ファンタジーイラストとアクアリウム

「他の人と比べてしまう」

またまた。思いつくままに書きます。

 

「(自分を)人と比べない」ということは、

 

愛することに関してもたぶん同じ。

 

たとえば自分の顔を女優やモデルと比べてても仕方ないから

「この顔で、この身体で、精一杯生きていく」と決めるのと同じように

 

生まれつき体力や精神力に恵まれた人と比べても仕方ないから

「この体質で、この気質で、自分なりに生きてく」と決めるように、

 

「この人と生きていく」と決める。

「この人を愛していく」と決める。

 

愛って、「そう決める」こと。

愛って、腹をくくること。

 

以前 私は、その感覚がまったくわからなかったし

こんなふうに文字で書かれたものを見ても

よくわからなくて、誤解や曲解してたと思う。

 

もちろん、見聞を広めたり

情報収集したりするのが悪いわけではないですよね。

 

自分と他人を比べて比べて比べまくって

おまえは比較サイトか!?っていうくらい比べたとしても

それはその時の、その人の正解なんだと思う。

その人には、そういう時期が必要なんだと思う

 

私もブレまくるし、

人を見ていて良いと思ったことは真似もします。

学習とは真似であり 動物も仲間を見て学びます。

よりよく生きるための本能なんだと思う。

 

いろんな情報を集めることもある。

それがその時の自分に必要だったからと感じている。

成長するために他からの情報が時期が必要な時もある。

 

ただ、よそ見ばかりしててもやっぱりだめで

情報を遮断して集中する時期も必要。

 

精神統一する

「これだ」と決める

肚を据える

それも必要。

 

どっちも必要。

 

自分の心と相談で

両方の間を バランスよく

歩いて行けたらいいんじゃないかな。

 

他人と比べてもいい。

それによって自分の立ち位置を知る。

それだけ。

それ以上の意味なんてないし、

それで悩むこともない。

 

だって 他にどのような人が存在しようと

それで自分の価値がなくなるわけじゃないし

 

あなたは 世界でたった一人の存在だから・・・

 

f:id:aryoshka:20180610194420j:plain