読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Happy Fancy Arts

高品質のイラストを¥1000から。一週間でお届け

DVD「トライアングル-殺人ループ地獄-」感想

(感想・自分解釈。注・ネタバレ有)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

トライアングル [ メリッサ・ジョージ ]
価格:3365円(税込、送料無料) (2017/1/25時点)


 

 

あの堂々巡りしている感じ、

どんなに努力しても知恵を絞っても

ときには極端な手を使っても、何をしても

その牢獄のような場所から抜け出せない感じ。

なんとかしようともがくことでかえって地獄が深まってゆく感じ・・・

 

人生にもそんな時期ってあるよね・・・

 

じわじわ怖い映画だった ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

 

 主人公ジェスは シングルマザーで

 

不運なヒロインだけど、意外に機敏で行動力もある

けっこうな努力家。

ただ、努力の方向性が間違ってる。

 

考え方もわかるし、彼女なりに計算してるのもわかるし、必死なのも伝わってくる・・・

でも、何かが決定的に間違っている!

 

まずこの人、余裕がない。

大義名分はあるんだけど、愛はない。

目的のためなら、友達も、自分自身さえも殺す。

だって、並行世界から(?)

人間のスペアがいくらでもわいてくるから。

 

でも・・・だからって、大事な友達や自分自身に、何をしてもいいの?

目的のためなら、残酷なこともできちゃうジェスだけど

本当にそれでいいの・・・?

 

そして映画の後半は、地獄の始まりが明らかに!

そうか。そうだったのね。

もういいよ。もうやめなよ。

お願い、もう自分を許してあげてよー・・・

 

と、泣きながら観ていると、

 

ラストの方で出てくるタクシー運転手の

「待っている」という言葉が、刺さる (ToT)

 

 

結局、地獄を作り出していたのは彼女自身だから、

彼女が一言「や~めた」って言えば、それで終わるんだよね。

 

でも運転手(死神のような役目の人)は何も言わない。

お説教もしない。

べつに、その人が彼女に天罰を与えてるわけでもない。

 

彼女が再び、自分から地獄に入っていくのを、静かに見守ってる。

「気が済むまで悪あがきすればいいよ」

「だけど、戻ってくるのを待ってる」

 

うわ~ん(ノД`)・゜・。おじさんカッコイイよぉ~

 

 

でも本当に彼女の気が変わって、戻ってきてタクシーに乗り込んだら、

一体どこへ向かうの??

 

それがわからないんですよ。描かれてないから。

 

ただ少なくともあの、死体が山積みの堂々巡りの状態より悪くはないだろうね。

過去に執着するのをやめた彼女にはきっと、新しい人生が待ってるんだろうね。

 

運転手のおじさんがそれを彼女に言わないし、教えようとしないのは

たとえ外野から何を言われても、

どんな役立つアドバイスをされても、

人は、時が来ないと変われない。

 

それってちょうど、真夜中に太陽出そうとしてもだめで

時間にならないと朝日は出ないのと同じ

 

でもそのときは必ずくる、って

信じてるから、放置できるんだよね。たぶん。

 

うーん

 

私は、悩んでる友達がいたら

余計なお世話なのはわかってても

「こうすればいいんだよ」とか

つい、いろいろ言いたくなっちゃうし

 

ましてやジェスみたいな人がいたら

「もうやめてー!!」

「行っちゃだめーっ!!」

って全力で阻止したくなっちゃうと思う。

 

私はまだまだ 立派な死神にはなれそうもありません。

 

おもしろかった♪

 

 

🔶関連記事🔶

 

aryoshka.hatenablog.com

 

aryoshka.hatenablog.com