読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Happy Fancy Arts

高品質のイラストを¥1000から。一週間でお届け

猫の幽霊

あいかわらず自分の怪奇現象ネタがないので

人から聞いた話です。

 

専門学校の友達からきいた話。

 

その子の実家で、オレンジ色の縞の仔猫を飼っていました。

女の子で、やんちゃで甘えん坊の猫で、みんなでかわいがっていましたが

残念ながら生後一年にもならないうちに、交通事故で死んでしまったそうです。

 

猫はいつも二階の部屋から階段をおりてくるとき

慎重に一段ずつ下りるので、

「ぽとん・・・ぽとん・・・」と、独特の足音をさせていました。

 

不思議なことに

猫が死んでからも時々、その足音が聞こえてくる・・・

それは夜中ではなく、たとえば休日の午後

家族が居間でまったりしているときなどに

友人だけでなく、その場にいる母や祖母など、全員に同じ音が聞こえる。

だから決して一人だけの空耳というわけではありません。

べつに怖くはないので、それが聞こえるといつも

「ああ、あの子が下りてきてるね~」などと家族で言い合っていた。

 

今日も、姿の見えない猫が

二階からみんなのいる居間へと、

階段をおりる音がする・・・

 

ぽとん・・・

ぽとん・・・

 

しかしその足音は、何か月かすると

ぱったりと聞こえなくなったそうです。

 

 

動物は幽霊になりうるのか?

それとも、それは死んだ猫ではなく

残された飼い主たちの想いが

何かを呼び寄せたのだろうか・・・?

 

 

 

🔶関連記事🔶

 

aryoshka.hatenablog.com

 

aryoshka.hatenablog.com